トップページ >  ダイエット茶の効能成分 >  糖分・脂質分解成分

ダイエット茶に含まれている代表的な糖分・脂質分解成分を調べました!

ダイエット茶で、糖分・脂質を分解する成分があるとされている代表的な成分を紹介します。

黒烏龍(水仙茶)
黒烏龍(水仙茶)とは烏龍茶の一種です。烏龍茶には烏龍茶重合ポリフェノールと呼ばれる脂肪の分解を促進する成分が含まれていますが、黒烏龍は通常の烏龍茶よりもさらに多くのポリフェノールが入っています。

クァバ葉
クァバ葉のポリフェノールには、糖分を分解する働きがあります。そのため、脂肪を分解する烏龍茶重合ポリフェノールとの相性が良いです。ダイエットだけでなく、糖尿病の予防にもつながります。

サラシアレティキュラータ
サラシアレティキュラータには糖分の吸収を抑える効果があり、ダイエットや糖尿病を予防する成分として注目を集めています。同じく糖の吸収を抑えるはたらきがあるギムネマとの違いとして、サラシアのほうが癖が少なく整腸成分も含まれていることが挙げられます。

お菓子や肉類の食べすぎは肥満の原因ですが、美味しいためなかなかやめることができません。糖分や脂質を分解してくれる成分を摂ることで、糖分・脂質の吸収を和らげることが出来ます。



糖分・脂質を分解する代表的な成分

黒烏龍、クァバ葉、サラシアレティキュラータ、ゴボウ(根)、ハトムギ、ギムネマ、プーアル茶、マンジェリコン、カテキン